転貸借方式

不動産の管理委託方式には様々な方式があります。また、管理会社や地域によっても呼び方が変わります。
まずは、一般的な管理委託方式である「代理委託方式」についてご紹介致します。

代理委託方式とは

上記の代理委託方式では、管理会社に対し代理人として管理委託しているため裁判等のトラブルが発生した際
当事者であるオーナー様が対処する必要がございます。
その他、管理会社にもよりますが空室保証や滞納保証が行われない。入居者募集やトラブル対応に費用が発生する。
入居者への緊急対応がオーナー様の許可が必要になるため対応が遅れるといったデメリットがあります。

次に朝日不動産の管理委託方式である「転貸借方式」をご紹介致します。

転貸借方式

朝日不動産の転貸借方式は、転貸借方式に近いシステムとなっています。
なぜ朝日不動産はこのようなシステムで定期借家方式をとっているかというと、それはオーナー様と朝日不動産それぞれに
メリットがあると考えているからです。

転貸借方式のメリット

賃貸借契約の当事者だからできる

転貸借方式の最大のメリットは、賃貸借契約の当事者が入居者様と管理会社となることです。
通常の「管理委託方式」の場合、当然ながら貸主はあくまでオーナー様です。
その場合、オーナー様は賃貸借契約の当事者になりますので、管理会社に対し代理人として管理委託をしていても、
アパート・マンション経営の様々なトラブルや問題に直接対処(裁判等)しなくてはならない時があります。
しかし「転貸借方式」ですと、管理会社がオーナー様からアパート・マンションを借り上げて第三者の入居者に
転貸(また貸し)しますので、入居者に対して管理会社が、法的な立場として転貸借契約の貸主(当事者)となり、
責任を持つことになります。
したがって、オーナー様は経営トラブルから基本的に解放されるのです。
賃貸経営のプロフェッショナルである管理会社が「貸主」になることにより、入居者に対して積極的な対応をとることが
可能となり、ひいてはオーナー様のリスクを軽減することができるのです。

  • 督促代行
  • 訴訟提起
  • 訴訟対応

管理報酬に税金はかからない

朝日不動産の転貸借契約では、通常オーナー様が管理会社へ支払わなければならない管理料は、
消費税非課税である受取住宅家賃と支払住宅家賃の差額に相当するため税金が掛かりません。
オーナー様は、朝日不動産のグループ会社である朝日保証サービス有限会社(以下、朝日保証サービス)と転貸借契約を結んで
頂くことで、朝日保証サービスが貸主となり入居者様にお部屋を貸出し、管理を朝日不動産に委託します。
そのため、管理料は朝日保証サービスが支払うこととなりオーナー様が管理料を支払う必要がなくなります。

次回開催予定セミナー

前回のセミナー報告

開催日2017/04/23

第97回ミッキー塾「報われる空室対策vsムダに終わる空室対策 ~空室対策やるだけムダ!~」

※ご注意ください※ 下記参加申し込みフォームからお申込みいただいた...

詳細を見る
代表からの挨拶

会社概要

朝日不動産株式会社

〒939-8281
富山県富山市今泉西部町
3番地9

map


お客様から頂いた情報を営業等の他の目的として利用することは、一切ございません。ご依頼やご要望、ご質問などお気軽にご連絡ください。
尚、恐れ入りますがお問い合わせの前によくある質問をご覧いただきますようお願い申し上げます。

投資セミナー・資産活用に関する
お問い合わせ

076-422-5566

満室戦略に関する
お問い合わせ

0

物件管理の委託に関する
お問い合わせ

0

個人向け不動産売買に関する
お問い合わせ

0